監視カメラのジレンマ

これまでのページで監視カメラが如何に有効か、と言ったことを説明してきましたが、最後となるこのページでは監視カメラのジレンマについて説明します。

監視カメラは、それが設置されているということを知らしめることで、自分の姿が記録されるということや、監視カメラを設置するような防犯意識、防犯対策のされている場所なんだ、ということを犯罪を犯そうとする者に対して知らせることで、優れた心理的な犯罪抑止効果を発揮することは前述の通りですが、では、犯罪の決定的な証拠を収めるためには、監視カメラは人の眼から見てすぐにそれと分かるような場所や、形であっていいのでしょうか。

答えは否です。
そこに監視カメラがある、と分かればその目の前で堂々と犯罪を行うようなケースは極稀でしょう。
そうした場合に備えて、しばしば監視カメラは隠されて設置されることもあります。

ですが今度はそのように設置することで、犯罪抑止の効果はなくなってしまうでしょう。
見える場所に設置すると、犯罪の証拠を映せなくなり、隠せば犯罪への抑止効果がなくなる。
これが、監視カメラの持つジレンマです。

ですが、そんなジレンマも監視カメラを複数台設置することや、ダミーカメラをうまく活用することで解決できますが、その分どうしてもコストは掛かってしまう、というのが悩みどころです。
それでも防犯対策というのは必ず必要になるものですから、掛けるべきところにはしっかりとコストを払って、安心を手に入れるのが良いのかもしれません。